~マイノリティでいこう!!~

世界のウイスキー•ラム酒等 蒸留酒のプレスリリース

2023/12/5  ヘミングウェイ・ライ・シグネチャー・エディション

 

 

ヘミングウェイ・ライ・シグネチャー・エディションが発表されました。

 


アメリカの人気作家アーネスト・ヘミングウェイへのオマージュを意図しブランド本拠地として米国ケンタッキー州のビーバーダムにあるウェスタンケンタッキー蒸留会社の新築蒸留所に最近移転したこの会社の背後には、アーネスト・ヘミングウェイの家族、創設者のスティーブ・グロスとコールを含むグロス家の8世代がいます。マスターディスティラーのジェイコブ・コール氏。彼らは共同で、インディアナ州ローレンスバーグのロス&スクイブ蒸留所で製造された6年物のインディアナ・ストレート・ライを90パーセント、米国のオーエンズボロにあるグリーン・リバー蒸留所で製造された4年物のケンタッキー・ストレート・ライを10パーセントから作ったライ・ウイスキーを開発した。 -ケンタッキー州 – ジェイコブ・コールの最後の仕事。どちらも塔式蒸留器で作られ、95パーセントのライ麦と5パーセントの大麦麦芽から作られたマッシュビルをベースにしており、焦がしたアメリカンホワイトオークの新樽で熟成されています。さらに、ヘミングウェイ・ラム・カンパニーの元オロロソ・シェリー樽にあらかじめラム酒を詰めて、仕上げアルコール度数51%で瓶詰めされています。

 

テイスティングノートでは、ライグラス、バニラ、ラズベリーレーズン、ベーキングスパイス、オークの香りです。口に含むと、ヘミングウェイ ライ シグネチャー エディションは、オレンジとダーク フルーツの強い香りを展開し、微量のチョコレートとキャラメル、およびクローブナツメグなどのスパイスと完璧にバランスが取れています。